ch6ni9 Works

ホームページ制作のクロニックワークス

売れるウェブコピーを書くためのルール


BLOG ホームページ制作 売れるウェブコピーを書くためのルール
売れるウェブコピーを書くためのルール

戦略のないウェブコピーに効果は無し

成功事例のある優れたサイトやウェブコピーを真似る方がいますが、その背後にある肝心な戦略や戦術に気付かず、上っ面だけの真似をしていませんか?

宣伝くさいウェブサイトにしない

パソコンやスマホなど普及により便利になった反面、広告であふれかえる環境に嫌悪感を抱き、本能的に商業的なメッセージを無視するようになっています。あなたも心当たりがあるのではないでしょうか!?利用する側に立てば同じような感情を抱いてしまっているにもかかわらず多くのオンライン企業は商業媒体のようなウェブサイトを作ろうとします。では、顧客を逃がさないようにするにはどうすればいいのか!? 勘違いしていけないのは顧客は広告を嫌っているわけではないということ。

ウェブコピーはターゲットとなる顧客を引き付けるために優れた情報を提供しなければならない

ウェブコピーはターゲットとなる顧客を引き付けるために優れた情報を提供しなければならない

■ なるべく記事のような質感を意識する

顧客が嫌っているのは悪い広告です。インターネット普及により情報があふれかえる中で人々は、次第に情報にフィルターをかけ瞬時に取捨選択するようになってきます。一昔前までは通用していた広告、手法は通用しなくなってきております。顧客は「宣伝くさい」「胡散臭い」ウェブコピーを無視するようになってきており、見向きもしてくれません。なるべく記事のような質感を意識しウェブコピー、記事を書くことがポイントとなります。

■ ビジョンを明確に示し顧客が求める実のある情報を提供すること

宣伝くさくない、記事のような質感を意識して書くのは理解できたが、では、どんな内容を書けばいいのでしょうか!? 冒頭に記載のように「成功事例のある優れたサイトやウェブコピーを真似る方がいますが、その背後にある肝心な戦略や戦術に気付かず、上っ面だけの真似している」為に訪問者を引き止めるサイトコピーや記事になっていないということです。表面的なテクニックだけに注目しているために、結果的に悪い広告に見えてしまったりするわけです。顧客は「悩み、問題を解決したい」「欲求を満たしたい」と情報を探し求めています。根底にある顧客の悩みや欲求は何か考え、しっかりと戦略や戦術を立てることが何より重要となります。ビジョンが明確になると、自ずと顧客が求める実のある情報を提供することができ、結果的にターゲットを引き止めることのできるウェブコピーも生まれることでしょう。
単なる表面的な形だけのホームページではなく、ブランディング、戦力になるホームページをお考えの方は、クロニックワークスへご連絡をお待ちしております。