WordPress / SITEMAPプラグインからGoogle ・bing ウェブマスターツール登録まで

サイト開設時にやっておきたいのがsitemap.xml作成、Googleウェブマスターツールの登録。

検索エンジンが全てのページを徘徊できるようにサイトマップ(sitemap.xml)を定義します。

但し、記述したURLが必ずインデックスされるわけではありませんので、SEO効果を

期待できるものではありません。 しかしながらseoに対して全く無意味なものでも

ありませんので、是非やって頂きたい。

作成したサイトマップをGoogleウェブマスターツールへ登録することも忘れずに。

サイト最適化はもちろん、検索エンジンにより登録されたページ数やクロール状況を

把握することができます。

ここではWordpress 向けのサイトマップ(sitemap.xml)もプラグインと

Google ・bing  ウェブマスターツール登録方法の紹介とさせて頂きます。

1.ダッシュボード→プラグイン→新規追加をクリック
2.検索タブのキーワードに『Google XML Sitemaps』を入力して検索します。
3.一覧が表示されますので、『Google XML Sitemaps 』のインストールをクリックします。
4.管理画面の [プラグイン] 画面で、「Google Sitemapsの「アクション」の「有効化(Activate)」をクリックします。
プラグインの有効化に成功すると、[設定] のタブに「XML Sitemap」が追加されます。
5.サーバーにサイトマップ用のファイルを用意します。
「sitemap.xml」「sitemap.xml.gz」の2つの空ファイルを作成し、サーバーにアップロードします。
※ここでは、ルートに設置。(http://www.〇〇〇.com/sitemap.xml)
6.設置した「sitemap.xml」「sitemap.xml.gz」のパーミッションを書き込み可能(606)に変更します。
7.サイトマップの構築と初期設定

ダウンロード方法は異なりますが、下記サイトも参考にして見てください。
Google (XML) Sitemaps Generator (サイトマップ自動生成プラグイン)

Google ・bing ウェブマスターツール登録方法はこちらを参考にしてください。


・Google ウェブマスターツール 使い方・登録方法
・Google サイトマップ 登録方法
・Bing ウェブマスターツール 使い方・登録方法